研究グループ紹介

【認知実験・人間状態推定グループ】

近年、システムの急速な自動化に伴い、「人と機械のミスマッチ」という新しいタイプの事故が発生するようになりました。本来、人と機械の “得意なこと” は異なるので、相補的に協調していくことでより高い安全性を実現できると考えられます。そのために求められているのは人と機械の “双方向性の意思疎通(インタラクション)” です。本研究グループでは、「人間の状態」を推定したり、その時の人間の「パフォーマンス」を評価したりすることで、そのような機能を持ったより安全なシステムの実現を目指して研究をしています。

【大規模システム運転訓練・人間信頼性評価グループ】

本研究グループは「原子力プラントの安全な運用に資する」という社会的使命が非常に強い内容について研究しています。福島第一原子力発電所(1F)事故後、原子力業界では「プラントを運転する人間」の重要性が再認識されてきました。そこで本研究グループでは、BWR運転訓練センターとの共同研究による【原子力プラント運転パフォーマンスの定量評価】、および【人間信頼性評価】を軸として研究を行っております。

【航空・海洋グループ】

近年の航空需要の増加に伴い、航空機の運用には、これまで以上に「安全性」「効率性」が求められています。私たちは航空管制官の認知活動に着目し、特徴を解明することで、そのニーズに応えようと考えています。
具体的には、航空管制プロセス可視化ツール「COMPASi」を用いた、航空管制官の養成訓練の支援、管制用機器のヒューマンインターフェース等の研究や、確実なコミュニケーションを支援するための研究を行っています。

【診断・サイバーセキュリティグループ】

近年、インターネット利用等を通してサイバー攻撃やマルウェア感染といった脅威が増加しています。これらの脅威は専用のネットワークを通して制御される工業施設やインフラ施設などの制御システムにおいても例外ではありません。制御システムに対するサイバー攻撃事例は増加しており、対策への社会的な要求は高まっています。このような要求に対して、高橋研究室が原子力プラントの安全性向上における研究を通して培った、高度診断技術を活用するアプローチで研究を行っています。

【脳研究グループ】

これまで、人間の認知、心理状態は、アンケートなどの人間のあいまいな感覚により評価されてきました。しかし、そのような評価は客観性に乏しく、適切な評価ができない場合が存在します。そこで、私たちは MRI、およびNIRSなどの脳活動計測装置を用い、人の状態を客観的かつ定量的な生体指標から推定すること、及びこの知見を大規模プラントにおける運転員のパフォーマンス向上へ応用すること等を目標としています。